懐古奇譚-カイコキタン-

2,632
0
28
暴力描写有り 残酷描写有り
1話から読む

恐怖には、こんなにも多くのかたちがある。

それは幽霊の仕業なのか。 それとも妖怪の仕業なのか。 いや、それとも狂える人間の仕業か。 たとえ何の仕業であろうと、 与えられる側にとっては、まじりっけのない純粋な恐怖。 ひたひたと迫る恐怖。ぞわぞわと背筋を這う恐怖。 悲鳴を上げて逃げ出したくなる恐怖。声すら出せなくなる恐怖。 思わず首をかしげてしまう恐怖。ノドに刺さった小骨のようなしつこい恐怖。 人の数だけ恐怖はある。そして人がいる限り、恐怖は決して息の根を止められない。 ここに集めたのは、そんな様々な恐怖の体験談。 角を曲がったとたん、何の前触れもなく人は恐怖に巻き込まれる。 まさに交通事故にでも遭うように。 ただ生きているだけで、普通に暮らしているだけで、人は容易に怪談世界の住人になる。 次に巻き込まれるのが、今これを読んでいるあなたではないという保証など、もはやどこにもない。

恐怖には、こんなにも多くのかたちがある。

それは幽霊の仕業なのか。 それとも妖怪の仕業なのか。 いや、それとも狂える人間の仕業か。 たとえ何の仕業であろうと、 与えられる側にとっては、まじりっけのない純粋な恐怖。 ひたひたと迫る恐怖。ぞわぞわと背筋を這う恐怖。 悲鳴を上げて逃げ出したくなる恐怖。声すら出せなくなる恐怖。 思わず首をかしげてしまう恐怖。ノドに刺さった小骨のようなしつこい恐怖。 人の数だけ恐怖はある。そして人がいる限り、恐怖は決して息の根を止められない。 ここに集めたのは、そんな様々な恐怖の体験談。 角を曲がったとたん、何の前触れもなく人は恐怖に巻き込まれる。 まさに交通事故にでも遭うように。 ただ生きているだけで、普通に暮らしているだけで、人は容易に怪談世界の住人になる。 次に巻き込まれるのが、今これを読んでいるあなたではないという保証など、もはやどこにもない。

1話から読む

エピソード

連載中 53 (66,494文字) 2020.05.10更新

作者情報

関西在住のコピーライター。 ミステリ、ホラー、歴史モノ、純愛モノ、ファンタジー、SF、コメディ、私小説。 もしくはそれらをごちゃまぜにしたもの。 いろんなものを楽しく書きます。でも嗜好はホラー寄りです。