死んだ彼女と僕は生きていく

185
0
7
1話から読む

例え死んでいたとしても、君がいるならそれでいい。

二年前、最愛の恋人である日下部凪を事故で突然失ってしまった夢人。しかし事故の直後から、毎晩凪は夢人の夢に現れた。 夢の世界はとてもリアルな上に、夢人は夢だとは決して気づかなかった。現実と夢の世界で、まるで二重生活でも送っているような感覚だった。 しかも、現実と同じように夢の中でも二年が経過し、中学三年生で亡くなったはずの凪は高校二年生となり、夢人と同じ高校に通っていた。 生きているも同然な凪と毎日過ごしていた夢人は、凪を失った悲しみを全く感じることなく、二年間凪を愛し続けて生きていた。夢の中の凪がいれば、何もいらないと思いながら。 そんな時、楓という風変わりな少女と交流を持つことになった夢人は、徐々に心を動かされていき――。

例え死んでいたとしても、君がいるならそれでいい。

二年前、最愛の恋人である日下部凪を事故で突然失ってしまった夢人。しかし事故の直後から、毎晩凪は夢人の夢に現れた。 夢の世界はとてもリアルな上に、夢人は夢だとは決して気づかなかった。現実と夢の世界で、まるで二重生活でも送っているような感覚だった。 しかも、現実と同じように夢の中でも二年が経過し、中学三年生で亡くなったはずの凪は高校二年生となり、夢人と同じ高校に通っていた。 生きているも同然な凪と毎日過ごしていた夢人は、凪を失った悲しみを全く感じることなく、二年間凪を愛し続けて生きていた。夢の中の凪がいれば、何もいらないと思いながら。 そんな時、楓という風変わりな少女と交流を持つことになった夢人は、徐々に心を動かされていき――。

1話から読む

エピソード

完結 39 (100,003文字) 2020.02.28更新

作者情報

2020/4/25 スターツ出版様から「ずっとキミしか見えてない」発売予定です。 スターツ出版様主催「一生に一度の恋」小説コンテストで最優秀賞受賞。宝島社・スターツ出版から以下の書籍計3冊発売中です。 ・宝島社文庫「杜の都であやかし保護猫カフェ」 ・「一生に一度の恋」小説コンテスト最優秀賞受賞作 野いちご文庫「あの時からずっと、君は俺の好きな人。」 ・ケータイ小説文庫ブルーレーベル「何度記憶をなくしても、きみに好きと伝えるよ。」 Twitter https://mobile.twitter.com/minato_sho718