殺人計画者

376
0
12
暴力描写有り
1話から読む

「私」の殺人計画が現実となり、これから始まる。

馴染みの消費者金融会社の社員である小林を殺害してしまったフリーター、鷺沼。ある日、そんな彼の元に届いたのは、一丁の拳銃と包丁、そして脅迫状だった。 「一月十日、スカイタワーシティホテルに行き、警備員の柳瀬川を殺害しろ。できなければ、お前の犯した罪を公表する。もしできればお前の罪は公表せず、一億円の報酬を渡す」。罪を明るみにされる恐怖と巨額の報酬に目が眩み、彼は一月十日にホテルへと赴いた——。 フリーター、消費者金融会社の社員、ホテル警備員、キャバクラ嬢、警察官…東京都S区西街に生きる様々な人間が、一月十日を舞台に騒動を繰り広げる。果たして彼らはどのように行動し、どのように絡み合い、どのような結末を迎えるのか。 ※執筆活動をはじめて二作目の作品です。拙い文章ですが、読んでいただけると幸いです。

「私」の殺人計画が現実となり、これから始まる。

馴染みの消費者金融会社の社員である小林を殺害してしまったフリーター、鷺沼。ある日、そんな彼の元に届いたのは、一丁の拳銃と包丁、そして脅迫状だった。 「一月十日、スカイタワーシティホテルに行き、警備員の柳瀬川を殺害しろ。できなければ、お前の犯した罪を公表する。もしできればお前の罪は公表せず、一億円の報酬を渡す」。罪を明るみにされる恐怖と巨額の報酬に目が眩み、彼は一月十日にホテルへと赴いた——。 フリーター、消費者金融会社の社員、ホテル警備員、キャバクラ嬢、警察官…東京都S区西街に生きる様々な人間が、一月十日を舞台に騒動を繰り広げる。果たして彼らはどのように行動し、どのように絡み合い、どのような結末を迎えるのか。 ※執筆活動をはじめて二作目の作品です。拙い文章ですが、読んでいただけると幸いです。

1話から読む

エピソード

完結 76 (193,077文字) 2020.04.28更新
1

第一章 鷺沼崇の場合

1

作者情報

二年前から小説を書き始めました。主にミステリー、サスペンス、ホラー系の長編・短編・ショートショートを書いています。 気軽にフォロー、お気に入り登録してください(^^) 「ここをこうした方が良い!」等、感想もどしどし受け付けています!よろしくお願いします。