真昼の月を食む

483
3
8
残酷描写有り
1話から読む

愛おしい人が罪を犯したかもしれない――私にあなたを救えるのか?

 大学一年の頃、独りぼっちだった「私」、稲垣清香(さやか)は四歳上のたけちゃんと出会い心を救われる。愛おしい人と過ごす平穏な日々――決して「好きだ」とは言わない二人の関係だったが、何よりも大切なものになっていった。しかしそんな日々は、たけちゃんのお絵かき教室に通う教え子の母親・長谷川由香里が現れたことにより少しずつ変わっていく……。そしてクリスマス・イブの日、由香里の娘・杏奈ちゃんが不審な死を遂げる。  六年後、由香里が死んだ。たけちゃんは由香里の殺人容疑と未解決となっていた杏奈ちゃんの事件の嫌疑をかけられ逮捕。果たして彼は罪を犯したのか――?   清香は同級生でフリージャーナリストの中園圭と、バイト時代からの先輩・堂島晴太とともに、六年前の事件の真相を探る。しかしそこには悲しい真実が待ち受けていた。 ※一部表現などを改稿しました(2020.5.3)。

愛おしい人が罪を犯したかもしれない――私にあなたを救えるのか?

 大学一年の頃、独りぼっちだった「私」、稲垣清香(さやか)は四歳上のたけちゃんと出会い心を救われる。愛おしい人と過ごす平穏な日々――決して「好きだ」とは言わない二人の関係だったが、何よりも大切なものになっていった。しかしそんな日々は、たけちゃんのお絵かき教室に通う教え子の母親・長谷川由香里が現れたことにより少しずつ変わっていく……。そしてクリスマス・イブの日、由香里の娘・杏奈ちゃんが不審な死を遂げる。  六年後、由香里が死んだ。たけちゃんは由香里の殺人容疑と未解決となっていた杏奈ちゃんの事件の嫌疑をかけられ逮捕。果たして彼は罪を犯したのか――?   清香は同級生でフリージャーナリストの中園圭と、バイト時代からの先輩・堂島晴太とともに、六年前の事件の真相を探る。しかしそこには悲しい真実が待ち受けていた。 ※一部表現などを改稿しました(2020.5.3)。

1話から読む

エピソード

完結 31 (74,389文字) 2020.05.18更新

第 1 章 OLD FRIEND

レビュー

star
3
(1件)

作者情報

日常/恋愛を題材にした心が優しく、あったかくなるような短篇小説、またはミステリーを中心に書いています。お読みいただけたら、ぜひ感想をいただけるととても嬉しいです! Twitter/Instagram : @nakamura_rietta ※投稿作品はフィクションです。 登場する人物・団体・名称等は架空で、実在のものとは関係ありません※