記憶さがし

256
0
10
暴力描写有り
1話から読む

見知らぬ屋敷で、失った記憶を探す物語。

『失った記憶を、探してください。』 目が覚めると、記憶を失っていた———。 記憶喪失状態の関口が目覚めたその場所は、見知らぬ屋敷だった。 背負ったリュックサックに入っていた封筒より、自分が「九月二十日に起きたこと」を思い出すため、『記憶さがし』をしていることを知る。 一人記憶の散策を始める関口だったが、「息子の死の原因が自分にあること」「複数の女性と関係があること」「包丁で刺されたこと」「数ヶ月前に同僚が殺害されていること」等、身に覚えのない記憶達が彼を翻弄する。 さらには謎の怪物が現れ、訳もわからぬうちに襲われる。 いったいここはどこなのか? なぜ、記憶探しをしているのか? そして九月二十日に起きたこととは? ※執筆活動をはじめて、四作目の長編です(20万字前後)。終わりまで書き終えているので、粛々と載せていきます。

見知らぬ屋敷で、失った記憶を探す物語。

『失った記憶を、探してください。』 目が覚めると、記憶を失っていた———。 記憶喪失状態の関口が目覚めたその場所は、見知らぬ屋敷だった。 背負ったリュックサックに入っていた封筒より、自分が「九月二十日に起きたこと」を思い出すため、『記憶さがし』をしていることを知る。 一人記憶の散策を始める関口だったが、「息子の死の原因が自分にあること」「複数の女性と関係があること」「包丁で刺されたこと」「数ヶ月前に同僚が殺害されていること」等、身に覚えのない記憶達が彼を翻弄する。 さらには謎の怪物が現れ、訳もわからぬうちに襲われる。 いったいここはどこなのか? なぜ、記憶探しをしているのか? そして九月二十日に起きたこととは? ※執筆活動をはじめて、四作目の長編です(20万字前後)。終わりまで書き終えているので、粛々と載せていきます。

1話から読む

エピソード

連載中 26 (58,652文字) 2020.05.26更新

目覚め

作者情報

二年前から小説を書き始めました。主にミステリー、サスペンス、ホラー系の長編・短編・ショートショートを書いています。 気軽にフォロー、お気に入り登録してください(^^) 「ここをこうした方が良い!」等、感想もどしどし受け付けています!よろしくお願いします。