シークレット・ミッション

138
0
7
1話から読む

ありふれた言葉も、本当の意味では交わせない。私の仕事は、そういう仕事…

「死ぬことを選ぶくらいなら、僕の会社で自分を殺して働いてみないか?」 これから線路に飛び込もうと、膝を軽く曲げて弾みを付けていた澪に、朝比奈はその光景に焦る訳でもなく、穏やかに声をかけていた――…

ありふれた言葉も、本当の意味では交わせない。私の仕事は、そういう仕事…

「死ぬことを選ぶくらいなら、僕の会社で自分を殺して働いてみないか?」 これから線路に飛び込もうと、膝を軽く曲げて弾みを付けていた澪に、朝比奈はその光景に焦る訳でもなく、穏やかに声をかけていた――…

1話から読む

エピソード

連載中 7 (6,910文字) 2020.05.16更新

作者情報

こんにちは。 桜木琴葉(さくらぎ ことは)です。 初めてオリジナル小説に挑戦しています。 どうぞ、よろしくお願い致します。