夕焼けの鳶

277
0
8
1話から読む

吹奏楽部男子たちの、少し変わった青春劇。

 かつては飛ぶ鳥を落とす勢いで、強豪と呼ばれていた櫻本高校吹奏楽部。しかし今では、銀賞どまりの弱小高校として、退部者が後を絶たない。その原因の一つが、天才にして鬼才である沖田という少年だった。  楽器の腕前は確かだが、口から出る言葉には毒しかなく、彼の影響で新入部員は半分以下に減ってしまった。部内の中で不満と苛立ちが渦巻く中、顧問である甲野(こうの)先生が、とある提案をする。  「天才だからって、完璧である保証はない」    ―― 沖田を中心として、三日月、木島、楡(にれ)の想いが交錯し、再びコンクールの幕が開く。  

吹奏楽部男子たちの、少し変わった青春劇。

 かつては飛ぶ鳥を落とす勢いで、強豪と呼ばれていた櫻本高校吹奏楽部。しかし今では、銀賞どまりの弱小高校として、退部者が後を絶たない。その原因の一つが、天才にして鬼才である沖田という少年だった。  楽器の腕前は確かだが、口から出る言葉には毒しかなく、彼の影響で新入部員は半分以下に減ってしまった。部内の中で不満と苛立ちが渦巻く中、顧問である甲野(こうの)先生が、とある提案をする。  「天才だからって、完璧である保証はない」    ―― 沖田を中心として、三日月、木島、楡(にれ)の想いが交錯し、再びコンクールの幕が開く。  

1話から読む

エピソード

連載中 35 (47,222文字) 2020.07.04更新

第1章 問題児四人組

0
0

作者情報

少しでも興味を持っていただければ嬉しいです♪ 1ページでも良いので、ぜひ読んでみて下さい☺️