未来からきた君のせいで俺の青春がヤバイ?!

14
0
0
1話から読む

君に出会わなければよかったなんて言わないで。俺は君に出会えてよ。

太田櫻17歳、ある日の朝、姉の小咲がランニング中に倒れてた少女を救ったという。 少女はどこからきたかは分からないが自分の事を麻生もねという。身寄りのない少女もねと一緒に暮らすことになる。 ある時、櫻の憧れの先輩中在雪穂と話しているともねがお弁当をととげに来る。それが雪穂にもねは櫻の彼女だと思われてしまう。またどうにかその誤解を解くことに成功するがなんと雪穂は、櫻と同じクラスの湊と中良さげなところを目撃。それはあまりにも付き会っているようだった。櫻はそれを見て雪穂の事をキッパリ諦める。よく考えれば雪穂に抱いていた思いは恋心ではなくただの憧れだと。またもねは、自分のがお弁当届けるタイミングのせいで…。と思っていたため櫻に言った。「私が櫻の彼女見つけます」と。 一方、湊と雪穂は付き合っていないことを2人は知らなかった。 そして未来から来た君も動き出す。  

君に出会わなければよかったなんて言わないで。俺は君に出会えてよ。

太田櫻17歳、ある日の朝、姉の小咲がランニング中に倒れてた少女を救ったという。 少女はどこからきたかは分からないが自分の事を麻生もねという。身寄りのない少女もねと一緒に暮らすことになる。 ある時、櫻の憧れの先輩中在雪穂と話しているともねがお弁当をととげに来る。それが雪穂にもねは櫻の彼女だと思われてしまう。またどうにかその誤解を解くことに成功するがなんと雪穂は、櫻と同じクラスの湊と中良さげなところを目撃。それはあまりにも付き会っているようだった。櫻はそれを見て雪穂の事をキッパリ諦める。よく考えれば雪穂に抱いていた思いは恋心ではなくただの憧れだと。またもねは、自分のがお弁当届けるタイミングのせいで…。と思っていたため櫻に言った。「私が櫻の彼女見つけます」と。 一方、湊と雪穂は付き合っていないことを2人は知らなかった。 そして未来から来た君も動き出す。  

1話から読む